これからの時代を生き抜く為の大きな航海図が手に入ります。そして、その航海図を完成させるためにこれからどうしたらよいかが見えてきます。

「C-MAS全国大会」は、介護事業経営支援の専門家ネットワ

ークC-MAS介護事業経営研究会の大会です。C-MASには、介護事業者の支援に注力している全国の会計事務所が参加しています。今回で8年目となるこの大会には、会計事務所や介護事業者が全国から集まります。

コロナ禍が拡大する中で2021年度介護報酬改定審議は着々と進んでいます。今回は、その重要な論点である自立支援介護とターミナルケアについて議論をすすめ、コロナの感染拡大が懸念される秋冬を前に、その対策、現状、今後について熱く議論を進めます。ZOOMの利点を活かして地域の壁を取り払い、業界を代表する講師陣の参加を得て、C−MAS全国大会初の全編が座談会での開催となります。

【進行】

株式会社はっぴーライフ

辻川 泰史

18歳からボランティアを始め、20歳で介護施設に入職。24歳で訪問介護の事業を自ら開始する。現在は都内にデイサービス、障害者グループホーム、フィットネスジムなどを運営。自らの経験を踏まえ、介護業界には何が必要か、何をすべきかを提言する取組に奔走している。

株式会社早稲田エルダリーヘルス事業団

筒井 祐智

都市銀行、医療コンサルティング会社を経て、医療法人へ入職。 クリニック、介護事業所の新規立ち上げ、人事業務などに携わる。 医薬品開発の経営企画部門責任者として株式上場、M&Aなども担当。 その他に医薬情報出版社、有料老人ホーム運営会社の役員なども歴任。 2014年より現職

株式会社ポラリス

森 剛士

外科医、リハビリ医を経て高齢者・慢性期リハビリテーション専門のクリニックを兵庫県宝塚市に開設、ポラリスグループをスタート。地域密着型社会貢献事業として自立支援特化型デイを全国に展開中。一人でも多くの高齢者を元気にするために。正しい自立支援介護の普及に努めています。

株式会社エムダブルエス日高

北嶋 史誉

東北福祉大学卒業後、医療法人社団日高会日高病院 社会福祉課にて医療ソーシャルワーカーとして勤務 1997年より日高会の関連法人である㈱エムダブルエス日高へ移籍 事業部長を経て、2011年10月より代表取締役社長となる。定員300人規模のデイサービスを展開し、福祉ムーヴァなど保険外サービス、ICTの活用では国内トップクラスの実績を持つ。

【進行】

株式会社日本医療企画

星野 光彦

1972年神奈川県出身。明治大学政治経済学部卒業。農業関係の新聞記者を経て、医療・健康・福祉の専門出版社である株式会社日本医療企画に入社。『介護ビジョン』誌の編集長などを歴任。現職は、事業戦略推進本部、介護経営事業部長兼スポーツ事業推進室長兼ソリューション事業部

あかい花

菊地 雅洋

北海道介護福祉道場あかい花代表。北星学園大学文学部社会福祉学科卒業。特別養護老人ホームの施設長を経て現在は介護福祉関係の組織や団体から講演依頼を受けて全国を奔走中。ブログ「masaの介護福祉情報裏板」では一味違った切口で、福祉や介護の現状、問題について熱く語っている

株式会社シーユーシー・ホスピス

吉田 豊美

2005年、有限会社ナースコール在宅センター訪問サービスとして起業。現在は、シーユーシー・ホスピス代表取締役に就任。CUCホスピスは「逆紹介ゼロ」を掲げて、がん末期、難病に特化した在宅ホスピスおよび訪問看護・訪問介護事業を提供している。

株式会社アニスピホールディングス

藤田 英明

動物好き|福祉経営者|保護犬・猫11頭・鳥82羽と同居|浅草|サッカー|サーフィン|ゲーム|糸賀一雄|渋沢栄一|医療法人理事|社福法人理事|内閣府会議参画|首相公邸で講演

アニスピホールディングス代表取締役

あかい花

菊地 雅洋

北海道介護福祉道場あかい花代表。北星学園大学文学部社会福祉学科卒業。特別養護老人ホームの施設長を経て現在は介護福祉関係の組織や団体から講演依頼を受けて全国を奔走中。ブログ「masaの介護福祉情報裏板」では一味違った切口で、福祉や介護の現状、問題について熱く語っている

フリーアナウンサー

町亞聖

日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、報道局に移り、報道キャスター、厚生労働省担当記者としてがん医療、医療事故、難病などの医療問題や介護問題などを取材。現在は、フリーに転身。脳障害のため車椅子の生活を送っていた母と過ごした10年の日々、母と父をがんで亡くした経験をまとめた著書『十年介護』を出版。

一般社団法人コグニティブ・サポート

小林 香織

心理学を用いたストレス対策、メンタルヘルスに関する講演を主に介護施設、事業所を対象に行っている。自社主催セミナーも月一回のペースで開催する。コロナ渦対策で職員のメンタルケアが急務な中で、介護施設の個別研修、指導を行う。介護ビジョン誌に「未来カイゴ談義」を連載中。

C-MAS全国顧問

原田 匡

医療・介護特化型コンサルタントとして様々なノウハウを開発・発信している。社会保険労務士・税理士・会計士・中小企業診断士・地域金融機関・各種団体と連携しながら介護経営者向けセミナー・研修回数は全国で年間150 回を超え、年間延べ6,000 社を超す介護事業者と触れ合い、実体験に基づいた経営支援活動を行う。

株式会社はっぴーライフ

辻川 泰史

小濱介護経営事務所 代表

C-MAS介護事業経営研究会 最高顧問

一般社団法人医療介護経営研究会専務理事

小濱 道博

C-MAS since 2012-09-04  / Copyright 2020 実務経営サービス. All Rights Reserved.